イラストレータデータのアウトライン化について



イラストレータの上部メニューの「画面」→「アウトライン」(旧バージョンの場合はアートワーク)
をクリックするとアウトラインが確認できます。
アウトライン画面を、通常画面に戻すには「画面」→「プレビュー」をクリックしてください。

アウトライン化をしていただきたいものとして、まずフォントの場合ですが、お客様が使ったフォントが
当方にない場合、違う字体になってしまいますので、文字を図形にしてもらう必要がございます。
その場合は「文字」→「アウトラインを作成」をクリックしていただければ、文字を図形化できます。

次に、普通イラストレータでデザインを作成する場合には、カットすることを想定して
いないのでプレビュー画面で @ のようにみえていても
アウトライン画面では A のようになっている場合がございます。
実際は B のようにカットしたい場合には当方で修正いたします。
またプレビュー画面で C のようにみえていても
アウトライン画面では D のようになっている場合がございます。
これはパス(線)自体が線幅をもっているので、この場合は
「オブジェクト」→「パス」→「パスのアウトライン」をクリックして、線幅のアウトラインを作成して
Eの状態にしてください。

2つの例を紹介いたしましたが、このように簡単なものでしたら、「オブジェクトの融合」で解決いたしますので
問題ないのですが、多数のオブジェクトが複雑に入り組んでいる場合には、せっかくイラストレータでデータを送っていただいてもこちらで作りなおしをするときもございます。
データ修正(作成)料につきましては、データの状態によって異なりますので、一度ご連絡ください。