マグネットシートのando
オリジナルカッティングステッカー製作 ステッカー工房andoのホームページです。
トップページ法規に基づく表示お問い合わせ


サンプルカタログ
ステッカー工房ando
Q&A
法規に基づく表示

会社情報
有限会社 安東看板
〒414-0051
静岡県伊東市吉田648-6
TEL 0557-45-0606
FAX 0557-45-4540
■転写シート(アプリケーションテープ)について
フィルムステッカーには納品時、転写シート(アプリケーションテープ)がついています。転写シートには、写真のように透明フィルムタイプと和紙タイプがあります。
下の説明をお読みいただき、実際にお客様がフィルムステッカーを対象物に貼る際にご都合がよろしい方を選択してください。
>フィルムステッカーの取扱方法はこちら
(透明フィルムタイプ)
下のフィルムがはっきり見えますので、目印にしたいマークやラインを貼りたい位置に合わせやすい利点があります。通常はこちらのタイプで発送します。
ガラス面に貼る際に、水を吹きかけて貼る場合には、水切れが悪いので、転写シートを剥がすのに和紙タイプよりも時間がかかってしまいます。
長い日数、放置しているとシート全体が波打つことがありますが、貼る直前にスキージ(ヘラ)でなじませてあげれば大丈夫です。

(和紙タイプ)
下のフィルムが見えにくいので、貼りたい位置に合っているのか不安な面もありますが、納品の際には水平線と中心線を引いておきますので、それをガイドに貼ってください。
ガラス面に貼る際に、水を吹きかけて貼る場合には、透明フィルムタイプよりも水の切れが早く、糊の粘着力も弱めですのでこちらをおすすめします。
透明フィルムタイプよりも薄く、やわらかいので、カーブした面に貼る場合にはこちらの方が、なじみやすく、貼りやすいような気がします。
長い日数、放置していても透明フィルムタイプのようにシート全体が波打つことはありませんが、転写シートの糊が弱めですので、貼る直前にスキージ(ヘラ)でなじませて転写しやすくしてください。
透明フィルムタイプよりも、フィルムのない台紙だけの部分がめくれやすいため、発送の際には、4スミをホチキス止めしておきますので、貼るときに、ホチキスをはずすか、その部分をハサミでカットしてください。
Copyright (C) 2005 Ando-Kanban All Rights Reserved.